decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

任意整理をすると信用情報機関に情報が載せられる

債務整理をした場合、信用情報機関に事故情報が載せられます。
任意整理の場合は、最長で5年間ではありますが、手続きをした日から起算して5年と捉えると、大きく勘違いをしてしまう可能性があります。
任意整理をすることを決めて、法律事務所から受任通知が送られ到着次第、信用情報機関に通知されて情報が記載されますが、記載された日から5年というわけではなく、正式に和解が締結した日付から5年となります。
また、銀行関連の信用情報機関には、保証会社が任意整理の受任通知を受けて代わりに弁済した情報が載せられ、こちらも同様の期間記載されます。
また、任意整理は当事者同士の話し合いで妥結する債務整理方法ですので、官報のような公の書類で公表されることはありません。
正式に任意整理がまとまってから、発生する利息をなくす代わりに、元金を3年間くらいで支払うことになります。
情報が消去されるまでは、ローンが組めませんし、クレジットカードを利用することも難しいです。
5年経った後に、信用情報機関で記載がないことを確認してから、申し込みをする方がいいでしょう。
ただ、30歳以上で、借り入れやクレジットカードの履歴が全くない状態ですと、債務整理が疑われ、審査に通らない可能性があります。
携帯電話の割賦契約は比較的通りやすく、毎月きちんと返済すれば、良好な実績となります。
半年ほど利用歴を重ねて、申し込みをするといいでしょう。

loading
×