decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

個人再生を認められた後の返済方法について

返済額の減額を条件として借金の完済を目指す債務整理の方法には二種類あります。
ひとつめは任意整理で、この方法を用いた場合には裁判所を介さずに債権者と交渉を行い、借金の元本を減額してもらうことによって借金を完済まで持っていくのが狙いとなっています。
それに対して裁判所を介して債権者と交渉を行う債務整理の方法は個人再生といいます。
個人再生もまた任意整理と同様に借金の元本を減額してもらうことが目的になっています。
任意整理も個人再生も自己破産のように自宅などの財産を手放さずに借金を整理できる手段ですが、この両者には異なっている点があります。
個人再生では、そこの制度を利用するにあたって裁判所に対して今後の返済計画を含んだ再生計画を提出する必要があるのです。
個人再生をすることが認められた場合、原則として減額された借金の返済方法は3年間で完済することとされています。
例外的に5年間という返済方法が認められるケースもありますが、いずれにせよあらかじめ定められた返済方法に従って借金の完済を目指さなくてはならないのです。
そのため、借金の返済を継続していけるだけの収入がない人の場合には、この制度を利用することを裁判所に認めてもらうことはできません。

loading
×