decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

自己破産における持ち家の対応について

持ち家を手放さずに、自己破産することが可能かどうかについてですが、仕方ないのですが、持ち家を譲り渡すことなく、自己破産をすることは不可能になります。
持ち家などといった資産があるというようなケースでは、いわゆる管財人事件となると言えます。
めぼしい資産は、競売に掛けられ、入手できた実益は債権者に平等に配分されることとなっているのです。
持ち家は債権者に配分される資産ですから、破産管財人事件という形で、破産管財人の力で競売にかけられます。
家を競売にかけられても譲渡されるまで1年近くかかることから、その期間内にアパートであったりマンションを借り入れることになります。
したがって、申立てをした後で即座に引っ越さないといけないという結果にはなりません。
どうにかして自宅を手放さずに借金を打開したいのであれば、自己破産というのではなく、個人民事再生といった債務整理の施策を採り入れるのが望ましいといえます。
個人民事再生は、相対的に新たな債務整理の手段になります。
この中において住宅ローン特則がございますが、ここのところが利用すっることができれば持ち家を処理することなく、債務整理を実施することが可能になります。

loading
×